メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

若島正・評 『三体』=劉慈欣・著、大森望・光吉さくら・ワン・チャイ訳、立原透耶・監修

 (早川書房・2052円)

世界文学として読まれるべきSF

 アメリカのオバマ前大統領が、ニューヨーク・タイムズ紙で書評家ミチコ・カクタニのインタビューに答えて、議会での日常を忘れさせてくれる本として挙げてから、急速に読書界でもその名を知られるようになった、中国のSF作家劉慈欣(リウ・ツーシン)による<地球往時>三部作の第一作『三体』が、ようやく邦訳された。中国での大ベストセラーが、日本でも発売直後にSFとしては記録的な売り上げを見せ、ちょっとした事件を起こしている。

 『三体』は、中国の文化大革命のさなか、紅衛兵たちの糾弾によってある物理学者が虐殺されるという場面で…

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1433文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです