メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『楽園の歴史3 喜びへの希望』=ジャン・ドリュモー著、西澤文昭・永見文雄・訳

 (新評論・9720円)

 前世紀末頃から、飢饉(ききん)よりも肥満で、疫病より老化で、戦死よりも自殺で亡くなる人が多くなったという。それなら、楽園のような世界が実現しつつあるのだろうか。だが、誰もそのような期待などいだいていないように思われる。

 本書は『楽園の歴史』三部作の最終巻にあたり、I「地上の楽園」、2「千年の幸福」を受け継ぐ3「喜びへの希望」である。I巻は「エデンの園」探しをめぐる人類の営みをたどり、2巻は「至福千年説」という異端思想が底辺にひそみながら、時代の節目に過激な社会運動として現れる姿を跡づけた。著者の旧作『恐怖心の歴史』に始まる遠大な研究計画の終着点になる3巻は「私たちは幸福を見ることができるだろうか」という課題の試みでもある。

 ベルギーの古都ゲントの聖バヴォン大聖堂には「神秘の子羊」とよばれる多翼祭壇画がある。その前に立ったとき、著者ドリュモーは眩暈(めまい)を感じたという。木立に囲まれた天国の草原が拡(ひろ)がり、後方には建物がそびえ立ち、天のエルサレムを思わせるらしい。中央には神の子羊が人々に崇(あが)められ、キリスト教における楽園のテーマを集大成する美しい絵である。ダンテ『神曲』の「天国篇」には天球と至高天をむす…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです