メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『数学書として憲法を読む』 著者・秋葉忠利さん

秋葉忠利さん=森忠彦撮影

 ◆著者 秋葉忠利(あきば・ただとし)さん

 (法政大学出版局・2376円)

動かぬ法曹界への問題提起

 夏になると元気があふれてくる人である。護憲派市長として世界に向けて「Hiroshima」を発信した広島市長を引退してからも、被爆地・広島で平和運動の最先端にいる。当然、今後、政界で進むであろう憲法改正を巡る議論についても、あつい一家言があるはずだ。そんな思いが詰まった本かと思った。

 予想に反して、全編「数学者」の立場で淡々と憲法論が語られている。政治の世界に入る前は数学者として米…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文958文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです