メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『数学書として憲法を読む』 著者・秋葉忠利さん

秋葉忠利さん=森忠彦撮影

 ◆著者 秋葉忠利(あきば・ただとし)さん

 (法政大学出版局・2376円)

動かぬ法曹界への問題提起

 夏になると元気があふれてくる人である。護憲派市長として世界に向けて「Hiroshima」を発信した広島市長を引退してからも、被爆地・広島で平和運動の最先端にいる。当然、今後、政界で進むであろう憲法改正を巡る議論についても、あつい一家言があるはずだ。そんな思いが詰まった本かと思った。

 予想に反して、全編「数学者」の立場で淡々と憲法論が語られている。政治の世界に入る前は数学者として米…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです