メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『知りたくなる韓国』=新城道彦、浅羽祐樹ほか・著

 (有斐閣・1944円)

 「驚いたことに、嫌韓本でなく、研究者が書いたものなのに、発売から6日で重版出来になりました」

 日韓関係が政治的に最悪とされている最中(さなか)。著者の一人で早大韓国学研究所招聘(しょうへい)研究員の春木育美さんから届いたメールにそうあった。

 国際関係を専門とする4人の研究者が大学生向けの教科書として書き下ろした。元徴用工を巡る個人請求権の問題や竹島(独島)の領有権につ…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです