メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

京アニ放火 専門家分析 高温の煙、30秒で充満 逃げ場なく、無傷は1人

「京都アニメーション」第1スタジオ放火殺人事件での煙の動きのシミュレーション

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで起きた放火殺人事件は、18日で発生から1カ月。35人が犠牲になった火災のメカニズムが分かってきた。放火からわずか30秒後には、スタジオ全体に高温の煙が充満する危険な状態に。事件を受けて強化された、ガソリンの販売規制の課題もみえてきた。

 放火の30秒後には、3階建てのスタジオの2階以上で高温の煙が充満し、「内部の人はほぼ逃げ場を失った」。京都大防災研究所の西野智研(ともあき)准教授(建築火災安全工学)は、こう分析する。出火から30秒間の煙の動きを詳細にシミュレーション。3階に続くらせん階段が主な煙の拡散経路となり、極めて短時間でスタジオ内に広がって危険な状態に陥ったと推定した。

 殺人などの容疑で逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)は、スタジオに侵入した直後、1階のらせん階段…

この記事は有料記事です。

残り1751文字(全文2125文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです