メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

ドッグマン 力を振り回される側から無法に沈黙する社会描く

 法の支配がなければ、強いもの、暴力の行使を厭(いと)わないものの言うなりにされるなんてことになりかねません。でも、強いものに逆らうことが難しい現実があることも私たちは知っています。これは、力が支配する社会を極限まで押し詰めた作品です。

 マルチェロは、うらさびれたイタリアの町に住む中年の男性。小さいながら自分の店を持ち、何匹もの犬を育てて暮らしています。既に奥さんとは別れ、たまに会うことを許される娘と今度は何をしようか、計画するのが楽しみ。仕事の合間には知り合いとサッカーで遊んだりする、ごく普通の小市民という印象です。

 ただ、友人のシモーネが乱暴なんです。突然店に入ってきて、コカインよこせという。マルチェロが渡すと、…

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文1650文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです