メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・心のサプリ

別の道もまた心地よく=海原純子

 去年の夏まではあまりタクシーに乗らなかったが、今年の夏は迷わず日中の移動はタクシーを使うようになった。というのは、昨年の夏の日中に歩いた疲労が微妙にかなり長く続いていたような感じがしたからだ。暑さによって生活習慣は変化する。

 そんなわけで朝乗ったタクシーの運転手さんは60代くらいの品のいい方だった。「セミの声がすごいですね」と赤信号で停(と)まった時に話し始めた運転手さんは車道の中央分離帯付近にある植え込みに目をやり「いつもは、この時期草を刈るんですが、今年は伸び放題ですね。オリンピックの方で予算が必要でこっちはカットなのかな」と呟(つぶや)いた。そして、中央区あたりの植え込みも草が伸び放題になっているとつけ加えた。

 それが予算カットのせいなのか、暑さのためにその作業が中止になっているのか、その真偽のほどはわからな…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1151文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです