メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地元の人々が掘った安森洞 慰労会のそうめん流しが名物に 愛媛・鬼北

そうめん流しを楽しむ人々=鬼北町小松で2019年8月3日午後1時50分、木島諒子撮影

 洞窟から湧き出す冷水を使った「安森洞そうめん流し」(愛媛県鬼北町)。山深いエリアにあるが多い時には1日700人が訪れ、行列ができる。ネギ、大葉、タマネギ、ショウガ、ミョウガ、ワサビと薬味も豊富で、甘めのつゆに町自慢のユズの皮をすり下ろせばさっぱりした香りが広がる。

 地元の人々でつくる「安森鍾乳洞保存会」が毎年夏に運営。昨年は西日本豪雨で被災し中止となったが復旧した。冷水が湧く「安森洞」は無料で探索できる。ひやっとし…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. コトバ解説 「アシカ」と「オットセイ」と「アザラシ」の違い

  3. 社説 NHK会長交代 政権との距離保つべきだ

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです