メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

パトカーの赤色灯=曽根田和久撮影

 18日午前10時40分ごろ、東京都千代田区麴町6の国道20号の交差点で、青信号で横断歩道を歩いて渡っていた男児(4)が、緊急走行していた警視庁新宿署のパトカーにはねられた。男児は都内の病院に搬送されたが、意識不明の重体という。同庁麴町署が自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで運転していた巡査部長らから事情を聴いている。

 同署や新宿署によると、パトカーは新宿署地域課の男性巡査部長(51)が運転、助手席に同課の30代の巡査長が乗っていた。緊急走行は、薬物事件の捜査で尿鑑定をするためで、新宿区の新宿署から千代田区の警視庁本部へ向かうため、サイレンを鳴らして赤信号の交差点に進入し、男児をはねた。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです