メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

パトカーの赤色灯=曽根田和久撮影

[PR]

 18日午前10時40分ごろ、東京都千代田区麴町6の国道20号の交差点で、青信号で横断歩道を歩いて渡っていた男児(4)が、緊急走行していた警視庁新宿署のパトカーにはねられた。男児は都内の病院に搬送されたが、意識不明の重体という。同庁麴町署が自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで運転していた巡査部長らから事情を聴いている。

 同署や新宿署によると、パトカーは新宿署地域課の男性巡査部長(51)が運転、助手席に同課の30代の巡査長が乗っていた。緊急走行は、薬物事件の捜査で尿鑑定をするためで、新宿区の新宿署から千代田区の警視庁本部へ向かうため、サイレンを鳴らして赤信号の交差点に進入し、男児をはねた。

 麴町署がパトカーの交差点への進入速度など当時の詳しい状況を調べている。現場は四ツ谷駅前の片側3車線の交差点で、男児は付近に父親と一緒に来ていたが、横断歩道は一人で渡っていた。

 新宿署の岡部誠幸副署長は「けがをされた方にお見舞い申し上げるとともに、一日も早い回復をお祈り申し上げます。同種事案の再発防止をはかるため、署員の指導教養を徹底します」とコメントした。【志村一也、佐久間一輝】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 前田、鈴木が東京五輪代表に内定 マラソン女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです