七回明石決勝打、タカ逆転勝ち レオ平井踏ん張れず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

○ソフトバンク5―4西武●(18日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが逆転勝ちで3連敗を免れた。1点を追う七回、松田宣の適時二塁打で同点とし、続く明石の適時二塁打で勝ち越した。七回に3者連続三振を奪った5番手・高橋純が3勝目。西武は3番手の平井が踏ん張れなかった。

 ソフトバンク・工藤監督 (コラスが初打席初本塁打)1軍投手に対応していた…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集