特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

熱戦を終えて~監督・主将コメント

24年ぶりの4強、星稜・山瀬主将は「日に日に強くなっているのを実感している」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【星稜-仙台育英】八回表星稜無死、内山(左手前)の本塁打にベンチで立ち上がって喜ぶ奥川=阪神甲子園球場で2019年8月18日、森園道子撮影
【星稜-仙台育英】八回表星稜無死、内山(左手前)の本塁打にベンチで立ち上がって喜ぶ奥川=阪神甲子園球場で2019年8月18日、森園道子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第12日の18日、第3試合で星稜(石川)が17-1で仙台育英(宮城)を降し、準決勝進出を決めた。1995年以来24年ぶりの4強入りとなった星稜の山瀬慎之助主将は「打線がつながってよかった。自分以外は100点。日に日に強くなっているのを実感している」と快勝を振り返った。星稜の山瀬主将の主な談話は次の通り。【柴山雄太】

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文473文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする