メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

会いたい・2019夏 内田裕也さん スクリーン越しの「挑発」

(C)1986「コミック雑誌なんかいらない!」製作委員会

 お前はそれでいいのか。そのまま殻に閉じこもって、無難に生きていくのか--。スクリーンに映し出された彼の目は、そう訴え鋭く迫ってくる。今年3月に亡くなった内田裕也さんの目だ。「ロケンロール」が口癖だった彼だが、実は最も輝いていたのは、歌手としてではなく、時折、世間を騒がせた女優・樹木希林さんの夫としてでもなく、いくつかの映画に主演した1980年代の俳優としてではなかったかと私は思う。

 「俳優、内田裕也」に着目したライターがいる。キネマ旬報社の編集者、平嶋洋一さん(43)だ。7年がかりのインタビューを「内田裕也、スクリーン上のロックンロール」という一冊にまとめた。

この記事は有料記事です。

残り2552文字(全文2836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです