メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流政之邸

美術館として公開 高松

流政之邸の庭園から

 高松市の庵治(あじ)半島に、昨年95歳で亡くなった世界的彫刻家、流(ながれ)政之が残した自宅兼アトリエがある。広い庭園や建物の周囲に作品を配したこの場所が、来月5日から「ナガレスタジオ 流政之美術館」として一般公開されることになった。

 流は零戦の乗組員として終戦を迎えた後、独学で彫刻を学んだ。米ニューヨークの世界貿易センタービル前に…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港警察、黄之鋒氏を逮捕 雨傘運動リーダー 昨年の無許可集会参加疑い

  2. 漫画「鬼滅の刃」が累計1億部突破へ 10月発売の最新巻で

  3. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. うずくまる息子、脇に立つ父「救急車、呼ばんでいい」 あの冬の日から3カ月…救えたはずの命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです