メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリップ

展覧会 なばたとしたか こびとづかんの世界ほか

 ■なばたとしたか こびとづかんの世界

 9月8日まで川崎市中原区等々力1の同市市民ミュージアム(044・754・4500)。なばたとしたかさん(1977年生まれ)の「こびとづかん」シリーズは、そのユニークな世界観が大人も子供も多くの読者を引き付けている。本展は、原画=写真は『こびと桃がたり』より(C)Toshitaka Nabata=やスケッチ、フィギュアに加え、絵画や映像も紹介、なばたさんの仕事の足跡をたどる。月曜休館。一般600円。

 ■暗がりから池袋を覗(のぞ)く~ミステリ作家が見た風景~

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです