メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

阿含・桐山杯第26期全日本早碁オープン戦 大場惇也七段-山下敬吾九段 第2譜

いい勝負

 白30、32の出切りから黒37まで進んだ場面が本局のターニングポイントだった。山下は白38、40と隅を生きたが、昔なら迷わず白39、黒38、白46、黒40と捨てて、白イと外回りで戦う道を選んだだろう。

 白46で隅を完全に生きた。「黒47は地味ながら好手で、白54まで黒が順調です」と大垣九段…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです