メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

吉田都、華麗なラストダンス=斉藤希史子

最後の演目「ミラー・ウォーカーズ」を踊る吉田都。後ろはイレク・ムハメドフ=写真家・長谷川清徳撮影

 英ロイヤル・バレエなどで最高位を長年務め、「至宝」と呼ばれた吉田都が8日、ついに現役を退いた。最後の舞台は「ラストダンス」と銘打って、自らプロデュース。日英の花形25人が東京・新国立劇場に集結し、不世出のバレリーナとの名残を惜しんだ。

 吉田が踊ったのはピーター・ライト版「白鳥の湖」終幕など4演目。「シンデレラ」では輝くトーシューズを抱きしめ「夢だったの?」と舞踏会を振り返る場面に、35年にわたる舞台生活への回顧を重ねたという。

 圧巻は島添亮子、永橋あゆみら国内6団のプリマを従えたフレデリック・アシュトン作「誕生日の贈り物」。各自の持ち味に合うソロを割り振ってのそろい踏みは、余人には実現できまい。折に触れ「バレエ界の発展に尽くすことが恩返し」と語ってきた吉田の人望あってこそだ。自身は本作で、名花マーゴ・フォンティンのパートに初挑戦。さりげないのに鮮やかで、揺るぎないのにたおやかな、真珠のごとき輝きを全うした。カーテンコー…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 桜を見る会 地元で幅広い募集 麻生氏の首相時代は?「あ、り、ま、せ、ん」予算委答弁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです