メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

吉田都、華麗なラストダンス=斉藤希史子

最後の演目「ミラー・ウォーカーズ」を踊る吉田都。後ろはイレク・ムハメドフ=写真家・長谷川清徳撮影

 英ロイヤル・バレエなどで最高位を長年務め、「至宝」と呼ばれた吉田都が8日、ついに現役を退いた。最後の舞台は「ラストダンス」と銘打って、自らプロデュース。日英の花形25人が東京・新国立劇場に集結し、不世出のバレリーナとの名残を惜しんだ。

 吉田が踊ったのはピーター・ライト版「白鳥の湖」終幕など4演目。「シンデレラ」では輝くトーシューズを抱きしめ「夢だったの?」と舞踏会を振り返る場面に、35年にわたる舞台生活への回顧を重ねたという。

 圧巻は島添亮子、永橋あゆみら国内6団のプリマを従えたフレデリック・アシュトン作「誕生日の贈り物」。…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文737文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです