メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情報通信研究機構

標的型攻撃におとり捜査 ハッカーの「癖」可視化

キュアを稼働させる津田侑・主任研究員=千葉市美浜区で

 偽のネットワークにハッカーを誘い込み、その動きを観察して癖を見つけ出すプロジェクト「スターダスト」が、国立研究開発法人・情報通信研究機構(NICT)で進められている。日本年金機構から約125万件の個人情報が流出した事件など、特定の組織を狙い撃ちにする「標的型攻撃」が問題化する中、攻撃者情報を集めて防止策を立てやすくする狙いだ。「東京五輪・パラリンピックでも役立てられれば」と期待されている。【渡辺暢】

 スターダストは、標的型攻撃の研究のため、2017年にスタートした。スターダストを利用している企業や…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1031文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです