メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

文学部と「割り屋」

 「もっと役に立つ学部がいいのでは」。高3の夏、大学は文学部志望だと告げると両親は表情を曇らせた。宣言通りに進学したが、上京の日、父は「法学部や経済学部の方が良かった。でも、頑張れ」。ため息交じりだった。

 「文学部は就職に不利」と言われる。根拠のない印象論だと思うが、現役学生には今でも根強いそうだ。ただ、私は思わぬ形で「文学部」の経歴に助けられたこともあ…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです