メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/6 福島・猪苗代 ガーナ 野口英世が縁、長き交流

来町したガーナのアクフォアド大統領(左端)を歓迎する児童ら=福島県猪苗代町の野口英世記念館で、猪苗代町提供

元ALT、相互理解の仲介役に

 世界的な細菌学者、野口英世(1876~1928年)の出身地である福島県猪苗代町とガーナオリンピック委員会は昨年12月、東京五輪・パラリンピックの事前合宿を同町で行う協定書を交わした。11日後にはアクフォアド大統領が来町。野口の生家や記念館を視察し、「野口博士の業績の上に猪苗代町との友好関係がある。文化を超えた対話や交流が進んでいくことを願う」と選手団受け入れに謝意を示した。

 ガーナは野口が黄熱病研究のために渡り、自らも感染して命を落とした地で、町とのつながりは深い。

この記事は有料記事です。

残り1321文字(全文1571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです