千波湖環境学習会

身近な自然守ろう 83人参加 水戸 /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
講師に捕まえた虫の入った虫かごを手渡し説明を受ける子供たち=水戸市の千波公園で
講師に捕まえた虫の入った虫かごを手渡し説明を受ける子供たち=水戸市の千波公園で

 身近な自然環境を守る大切さを学ぶ「千波湖環境学習会」が18日、水戸市千波町の千波公園であり、夏休みを利用した家族連れら計83人が参加した。

 市は2010年から、県環境管理協会と協力し、市民に環境への理解を深めてもらう学習会を毎年開いている。今年で10年目。

 学習会は年10回を予定。千波湖とその周辺の野鳥や植物、水質など各回テーマを設定。各分野に詳しい講師…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

あわせて読みたい

ニュース特集