メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動運転バス

藤沢の公道で実証実験 走行距離倍に /神奈川

 県は21~30日、「セーリングワールドカップシリーズ江の島大会」(25日~9月1日)の開催に合わせ、小田急電鉄、江ノ島電鉄などとともに藤沢市内の会場周辺の公道で自動運転バスの実証実験を行う。

 SBドライブ(本社・東京都港区)が開発した運転システムを使い、一般車両や自転車、歩行者が行き交う中で実験する。

 走行区間は昨年の実験から倍に延び、県立湘南海岸公園中部バス駐車場から湘南港桟橋バス停まで片道約2キロを結ぶ。途中で江ノ島水族館前バス停にも停車する。

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文395文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 欅坂46、5年の活動に幕 “再改名” で再出発「相当な茨の道が待っていると思います」

  2. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  3. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  4. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

  5. 大阪の30代、高知県でコロナ感染確認 一時連絡取れず、入院手続き始める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです