メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和菓子めぐり

伊賀、名張 菓匠 桔梗屋織居 高齢者も安心の大福 /三重

桔梗屋織居の中村伊英さん=三重県伊賀市上野東町で、稲垣淳撮影

 伊賀市上野東町の「菓匠 桔梗屋織居」は、創業が江戸時代初期の老舗だ。松尾芭蕉にちなんだ和菓子「釣月(ちょうげつ)」などで知られるが、4年前からは、高齢者がのどに詰まらせずに食べられる「おかゆ大福」を発売し、全国の介護施設から注文が来ているという。

 店は創業当時から現在の場所で菓子作りを続ける。18代目の中村伊英さん(59)は「藤堂高虎は茶人で、当時は城周辺に何軒もの和菓子店がありました」と話す。店内には慶長12(1607)年と記された銭箱が残り、創業直後のものとみられるという。

 そんな老舗が「餅が好きなお年寄りが、のどに詰まらせずに、安心して食べられる和菓子は作れないか」と考…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文623文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです