メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和菓子めぐり

伊賀、名張 菓匠 桔梗屋織居 高齢者も安心の大福 /三重

桔梗屋織居の中村伊英さん=三重県伊賀市上野東町で、稲垣淳撮影

 伊賀市上野東町の「菓匠 桔梗屋織居」は、創業が江戸時代初期の老舗だ。松尾芭蕉にちなんだ和菓子「釣月(ちょうげつ)」などで知られるが、4年前からは、高齢者がのどに詰まらせずに食べられる「おかゆ大福」を発売し、全国の介護施設から注文が来ているという。

 店は創業当時から現在の場所で菓子作りを続ける。18代目の中村伊英さん(59)は「藤堂高虎は茶人で、当時は城周辺に何軒もの和菓子店がありました」と話す。店内には慶長12(1607)年と記された銭箱が残り、創業直後のものとみられるという。

 そんな老舗が「餅が好きなお年寄りが、のどに詰まらせずに、安心して食べられる和菓子は作れないか」と考…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文623文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです