メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和菓子めぐり

伊賀、名張 菓匠 桔梗屋織居 高齢者も安心の大福 /三重

桔梗屋織居の中村伊英さん=三重県伊賀市上野東町で、稲垣淳撮影

 伊賀市上野東町の「菓匠 桔梗屋織居」は、創業が江戸時代初期の老舗だ。松尾芭蕉にちなんだ和菓子「釣月(ちょうげつ)」などで知られるが、4年前からは、高齢者がのどに詰まらせずに食べられる「おかゆ大福」を発売し、全国の介護施設から注文が来ているという。

 店は創業当時から現在の場所で菓子作りを続ける。18代目の中村伊英さん(59)は「藤堂高虎は茶人で、当時は城周辺に何軒もの和菓子店がありました」と話す。店内には慶長12(1607)年と記された銭箱が残り、創業直後のものとみられるという。

 そんな老舗が「餅が好きなお年寄りが、のどに詰まらせずに、安心して食べられる和菓子は作れないか」と考えたのが、おかゆ大福だ。もち米でなく、うるち米と寒天を使った生地であんを包んだ柔らかい大福で、中村さんは「もち米を使わずにあんを包めるように工夫した」という。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです