メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語り継ぐ夏

学童疎開75年/下 湯浅で見守った前田さん 記憶、刻むために 苦楽ともに、思い出いっぱい /和歌山

学童疎開を受け入れた当時から境内に残るのは、イチョウの木など、ごく限られているという=和歌山県湯浅町の福蔵寺で、最上聡撮影

 湯浅町にある福蔵寺の近くに住む前田道治さん(83)は、町へ集団疎開してきた大阪市西成区の玉出国民学校(現・市立玉出小学校)の子どもたちと、境内で野球をして遊んだことをよく覚えている。「僕も投手をやったよ」。戦後しばらくして、前田さんは疎開経験者と再会し、思い出話に花を咲かせた。

 前田さんの家は魚屋を営み、時折、疎開中の子どもたちに魚料理を振る舞った。戦後、前田さんは大阪・黒門市場に魚を卸した。1960年ごろ、魚を運ぶトラックに湯浅の住所が書いてあったことから、疎開経験者の男性が前田さんを探し当てたことがあった。

 「懐かしい。玉出から疎開に行ったんや」。同年代の男性の言葉に、前田さんも思い出があふれ出した。ゴム…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1129文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  5. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです