メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイスハートバザール

温かみある雑貨で盛況 障害者事業所販売会 高松・きょうまで /香川

商品を購入し、事業所の利用者(右)と交流する買い物客=高松市三条町のゆめタウン高松で、山口桂子撮影

 障害者への理解を深めてもらおうと、高松市三条町のゆめタウン高松で18日、障害者就労支援事業所で作られた菓子や雑貨の販売会「ナイスハートバザール」があった。多くの買い物客らが足を止め、商品を選びながら店員の事業所利用者らと交流した。19日午後6時まで開かれている。

 販売会は、NPO法人県社会就労センター協議会が主催で198…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです