メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

参天製薬ブラサカキャンプ 子どもたちに夢を 仲間と交流重ね成長 /四国

ブラサカキャンプでシュートを放つ参加選手=大阪市で2018年12月、加藤敦久撮影

 全国の視覚障がい児がブラインドサッカーを通じて、スポーツと出会い、新しい仲間と交流を深めながら技術向上を図る取り組みが進んでいる。日本ブラインドサッカー協会と、目の領域に特化した事業を行う参天製薬(本社・大阪市)が2017年にパートナーシップ契約を締結。未経験者も含めた小学生から高校生を対象とした「ブラサカキッズキャンプ」が毎年開かれ、今月3、4日にも香川県・小豆島のふるさと村などで催された。2020年8月25日の東京パラリンピック開幕まで1年余り。未来を担う子どもたちも、たくましく羽ばたこうとしている。【加藤敦久】

 「左45度」「残り6メートル」。ゴール裏のガイド(コーラー)の声を頼りに、広島中央特別支援学校4年…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1410文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです