メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

参天製薬ブラサカキャンプ 谷内樹生社長に聞く 視覚障がい者、身近に感じて /四国

参天製薬の谷内樹生社長(右)と日本ブラインドサッカー協会の松崎英吾専務理事=大阪市北区で、梅田麻衣子撮影

 医療用、一般用目薬で知られる参天製薬が日本ブラインドサッカー協会とパートナーシップを組む意義について谷内樹生社長と日本ブラインドサッカー協会の松崎英吾専務理事に聞いた。

 --日本ブラインドサッカー協会のビジョンについて教えてください。

 松崎 ブラインドサッカーを通じて、視覚障がい者と健常者が当たり前に交ざり合う社会の実現がビジョンです。ブラインドサッカーは視覚障がいについての理解を進めるパワフルなツール。「体験できる」良さがあります。「見える」人も、アイマスクで目を隠し、プレーできることで、視覚障がいがあってもスポーツができると身をもって感じられる。貴重な気づきの機会になると考えています。

 --参天製薬として支援を通じて見えてきたことを教えてください。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1231文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです