メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの味この味

垂水 夏野菜カレー 地元産の味をトッピング /鹿児島

ミキサーで野菜ジュースをつくる米永さん

 桜島を眺めながら鹿児島湾沿いの国道220号を走ると、赤を基調としたパステルカラーの外観が目に飛び込んでくる。鹿児島県垂水市牛根麓(うしねふもと)の「マミーズカフェ」。「野菜ソムリエ・マミーの店」の看板通り、新鮮な野菜やフルーツを生かした味が楽しめる人気のカフェだ。

 猛暑が続くこの時期の限定メニューの一つ、夏野菜の黒豚カレーを頼んでみた。トマト、ゴーヤーのペーストルーの上で彩りを添えているのが、地元産の野菜の数々。油で素揚げしたゴーヤーやナス、オクラ、カボチャ……。さらにセロリの鮮やかな緑が涼しさとアクセントを演出している。

 野菜にこだわるのは理由がある。店主の米永千代美さん(47)は日本野菜ソムリエ協会(東京)が認定する「野菜ソムリエ」で、資格を取ったのは鹿児島県では初めてだったという。「夏野菜は体に必要なビタミン類、カリウムなどがたっぷり。ちょっと苦い味の野菜は猛暑にさらされた体にいいんですよ」と米永さん。自身も、刻んで天日干ししてフライパンで水を飛ばしたゴーヤーをお茶にして飲んでいるのだという。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです