メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの味この味

垂水 夏野菜カレー 地元産の味をトッピング /鹿児島

ミキサーで野菜ジュースをつくる米永さん

 桜島を眺めながら鹿児島湾沿いの国道220号を走ると、赤を基調としたパステルカラーの外観が目に飛び込んでくる。鹿児島県垂水市牛根麓(うしねふもと)の「マミーズカフェ」。「野菜ソムリエ・マミーの店」の看板通り、新鮮な野菜やフルーツを生かした味が楽しめる人気のカフェだ。

 猛暑が続くこの時期の限定メニューの一つ、夏野菜の黒豚カレーを頼んでみた。トマト、ゴーヤーのペーストルーの上で彩りを添えているのが、地元産の野菜の数々。油で素揚げしたゴーヤーやナス、オクラ、カボチャ……。さらにセロリの鮮やかな緑が涼しさとアクセントを演出している。

 野菜にこだわるのは理由がある。店主の米永千代美さん(47)は日本野菜ソムリエ協会(東京)が認定する「野菜ソムリエ」で、資格を取ったのは鹿児島県では初めてだったという。「夏野菜は体に必要なビタミン類、カリウムなどがたっぷり。ちょっと苦い味の野菜は猛暑にさらされた体にいいんですよ」と米永さん。自身も、刻んで天日干ししてフライパンで水を飛ばしたゴーヤーをお茶にして飲んでいるのだという。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は?

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです