メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終わらない氷河期

今を生き抜く/2 人間関係、疲れ果て うつ病発症、農業で再起図る48歳 @長野

勤務でのつらい思いをつづった女性のノート=本人提供(画像の一部を加工しています)

 「仕事に集中できなくて涙がでてくる」「体調不良 はきけ 頭痛」「ムカツクと言われた(○○所長)」「つらい、報われない」……。ノートにつづられた文字に、水野ヒロコさん(48)=仮名=が長年被ってきた痛みと悲しみが刻まれていた。

 7月初旬、長野県松本市。水野さんは近くの農家でブドウ栽培を手伝っているという。夫は会社員。「ひと相手の仕事より、自然のほうがすがすがしくて」。元気そうに見えるが、今もうつ病を抱え、通院が欠かせない。

この記事は有料記事です。

残り1521文字(全文1734文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです