メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

優生社会を問う

新型出生前診断 利益大きく無認定急増 「採血だけ」手軽さうたい

無認定施設で検査を受け、メールに添付され送られてきた結果通知書を見せる女性=東京都豊島区で2019年7月6日、上東麻子撮影(画像の一部を加工しています)

 学会の認定を受けず新型出生前診断(NIPT)を実施する医療機関の9割は、普段妊婦を診察することのない産婦人科以外の診療施設だった。ここ1年で急増したとみられ、「カウンセリングもなく手軽に検査できる」と利用を呼びかける。背景には「命の選別につながる」との議論もある検査を巡る規制が、学会の指針だけという不十分な実態がある。【上東麻子、千葉紀和】

 「全染色体を調べることができます」「採血のみで短時間で終わります」「年齢制限もありません」--。無…

この記事は有料記事です。

残り2590文字(全文2812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです