メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 ストーリー 盲導犬と目指す2020/ラグビーW杯連載/論点 学校のスマホ解禁論

[PR]

 ◆ストーリー

    盲導犬と目指す2020 25日・日曜日 1面、ストーリー面

     パラトライアスロン日本代表の中沢隆(39)は27歳の時に緑内障と診断されて視覚障害となるまで、本格的なスポーツ経験がほとんどない異色のパラアスリートです。当初は25メートルさえ泳げませんでしたが、盲導犬デネブと練習場所に通い続け、2020年東京パラリンピック出場を目指せるまで実力を伸ばしました。その熱源は何なのか。競技に没頭する姿を追います。

    ラグビーW杯連載 21日・水曜日から 社会面

     4年に1度のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会が9月20日から全国12都市で開かれます。アジア初開催です。ラグビーの特徴は五輪とは異なり、国籍にかかわらず代表になれる「多様性」。日本代表ではリーチ・マイケル主将をはじめ、複数の海外出身選手が活躍しています。連載では多様性の象徴であるラグビーを通し、各国・地域の事情などを伝えます。

     ◆論点

    学校のスマホ解禁論 23日・金曜日 オピニオン面

     小中学校でスマートフォン(スマホ)や携帯電話の使用を認めようという動きが広がっています。災害や事件など、緊急時の対応のためですが、大人の間で「スマホ依存」が深刻な社会問題になっている状況で、子供たちに悪影響はないのでしょうか。ネットを活用したICT(情報通信技術)教育が進む時代の、学校でのスマホ・携帯の取り扱い方を考えてみました。


     掲載日や内容は変更することがあります。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    2. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

    3. 人生は夕方から楽しくなる 作家 北方謙三さん 人間臭いキャラクター、どれも自分の分身

    4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

    5. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです