メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞

委員会から 参院選報道、振り返る

当選確実となった候補者の名前に、笑顔で花をつける安倍晋三首相=東京都千代田区の自民党本部で7月21日、梅村直承撮影

 年金や消費税、憲法などを争点に7月に行われた参院選では、改憲勢力が3分の2に届かないものの、与党は改選過半数を確保しました。投票率は過去2番目に低く、24年ぶりに50%を割り込みました。「開かれた新聞委員会」の4委員に選挙報道をテーマに寄稿してもらいました。(紙面は東京本社最終版に基づきました。写真は池上彰委員が佐々木順一、残る3委員は根岸基弘撮影)

この記事は有料記事です。

残り3519文字(全文3696文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  3. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 世耕氏「印象操作だ」 テレ朝は直接おわび 「批判」と「謝罪」への違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです