メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

フリーランス光と影/下 契約内容と報酬、明確化を

フリーランスの実情について話す鎌田耕一・東洋大名誉教授=東京都文京区の東洋大で

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 企業に雇用されずに働くフリーランスが注目を集める一方で、仕事を依頼する企業との間でさまざまなトラブルも発生している。今後のあり方について、労働法制に詳しい鎌田耕一・東洋大名誉教授(66)に聞いた。

働き続けたい中高年

 --フリーランスとして働く人は増えているのでしょうか。

 個人で役務を提供するフリーランスは、以前からいました。建設会社と請負契約を結んで働く「一人親方」や、トラックを自分で所有して運送会社と契約する運転手、俳優らです。各種の推計によって定義が異なるため実際にどれだけ増えているか正確には分かりませんが、他の業種にも広がってきています。

この記事は有料記事です。

残り2097文字(全文2389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです