メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さあこれからだ

/165 子ども育む絵本との出合い=鎌田實

7月、祈りの丘絵本美術館を訪ねた=長崎市で、鎌田さん提供

 「モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語」(内田洋子著、方丈社)という本を夢中になって読んだ。19世紀、北イタリアの山深い小さな村から、本を担いで旅に出た人たちがいた。彼らは訪れた先々で本を売り、庶民のなかで読書する習慣が広がっていったという。

 現代では、パソコンの画面をポチッとすればすぐに本が届くが、こうやって人力と情熱で本を届けた人たちと、それを待つ人たちの思いを想像すると心が熱くなる。

 先日、長崎市にある「祈りの丘絵本美術館」を訪ねた。大浦天主堂やグラバー園の近くにあり、絵本の原画な…

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1660文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです