メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俳句月評

学び直す新興俳句=岩岡中正

 奇しくも同じ八月号で「俳句」が「いま、なぜ新興俳句なのか」を、「俳句四季」が「新興俳句とは何だったのか」を特集しているが、これらは昨年末の現代俳句協会青年部・編『新興俳句アンソロジー 何が新しかったのか』(ふらんす堂)という新鮮な問題提起をさらに展開するもの。

 昭和六年の水原秋櫻子のホトトギス離脱にはじまり十五、六年の弾圧と戦争で終るこの運動は、その感覚、想像力、抒情性、素材、方法、問題意識で新しく、わが国の俳句における、ういういしい自我と「近代」の曙光。夭折したとはいえ、たしかに戦後から今日に至る現代の俳句の源流。いま再び戦後から戦前への回帰が言われたりもするよく似た閉塞状況の中で、とりわけ若い俳人たちがこの運動に注目する意…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです