連載

週刊サラダぼうる・森まゆみ

毎日新聞デジタルの「週刊サラダぼうる・森まゆみ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

週刊サラダぼうる・森まゆみ

てくてくまち再見 理化学研究所旧23号館 科学者たちの楽園

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大正時代に建てられた理化学研究所旧23号館。現在は日本アイソトープ協会として利用されている=東京都文京区本駒込で、田中泰義撮影
大正時代に建てられた理化学研究所旧23号館。現在は日本アイソトープ協会として利用されている=東京都文京区本駒込で、田中泰義撮影

 そこは、うっそうと木が茂り、木陰を何やら白衣を着た人々が行き交っていた。東京の幹線道路の一つ不忍通り、六義園と反対側の一角、中学・高校とその前を通学していた私は最初、病院かな、と思った。「理化学研究所」とあった。やがて再開発で、ほとんどが高層賃貸マンションと商業施設に変わって、妙に明るくなった。

 その一角に、大正時代の建物が今も日本アイソトープ協会(旧23号館)として残り、仁科記念財団(旧37号館)もあるというので、見学させていただいた。1913年に高峰譲吉らが基礎研究を担う「国民科学研究所」設立を訴え、17年に渋沢栄一らが中心になって、補助金や寄付を集めて財団法人理化学研究所を本郷区駒込上富士前町(現在の文京区本駒込2)などに設立。関東大震災や第二次世界大戦などの混乱期に3代目所長を務めた大河内正敏時代には、ビタミンAのカプセルなどを製品化して「理研コンツェルン」と呼ばれるまでになる。

 「東大の教授で理研の研究員ということで双方から給料が出る場合もあった。研究費は潤沢で『科学者たちの楽園』と言われたそうです」と案内してくださった同財団常務理事の矢野安重さん。

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1343文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集