メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「閑(しず)かさや岩にしみ入る蝉(せみ)の声」は、紀行文「奥の細道」で知られる松尾芭蕉が1689(元禄2)年、出羽国(現在の山形市)にある宝珠山立石寺を訪れた際に詠んだといわれる句です。連日これだけの猛暑だと、芭蕉ならずとも、旅に出て涼を求めたくなるこのごろです。

 かくいう私はと申しますと、先日、ロケで久しぶりにTOKIOのメンバー全員がそろって無人島に渡り、いつもの開拓作業に励みました。人が増えると作業が早く進むばかりでなく、手を動かしつつもときに作業と関係ない無駄口をたたいて大笑いすると、仲間っていいなと感じます。

 毎年この時期、島に流れてきた漂着物を利用し、メンバー同士である真剣勝負をします。誰が名付けたか「夏…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです