メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉野杉の耐震力「見える化」 シミュレーションソフトを普及へ 奈良の法人

「ウォールスタット」で再現した、木造の建物が地震で損傷するシミュレーション

 木造住宅の耐震性能をアニメーションで示して地震の被害軽減につなげようと1月に一般社団法人「耐震性能見える化協会」が設立され、本部を奈良県川上村に、事務所を東京に置いて活動している。地元産の吉野杉の高い強度を実証する狙いもあり、木材のブランド力向上を目指す。

 協会の代表理事を務める京都大生存圏研究所の中川貴文准教授(43)は同村の出身。木造住宅の損傷や倒壊の状況をアニメーションで確認できるシミュレーションソフト「ウォールスタット」を開発し、無償で公開している。

 パソコン上で三次元の住宅を再現し、柱や壁の種類などを入力して地震動を与えると、実際の住宅の振動台実…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文702文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです