メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

[PR]

半世紀ぶりに再開発される山下ふ頭=横浜市提供

 横浜市がカジノを含む統合型リゾート(IR)を横浜港・山下ふ頭に誘致する方針を固めたことが、市関係者への取材で判明した。林文子市長が週内にも記者会見で表明する。国はIR実施法で立地区域を全国で最大3カ所としている。大阪府・市や和歌山県などが誘致に前向きで、競合が激化しそうだ。

 IRについて、林市長はこれまで「誘致は白紙」と慎重な姿勢を示してきた。しかし、IRの整備区域の選定基準などを定める国の基本方針が公表された時点で速やかに対応できるよう、早期の態勢づくりが必要と判断したとみられる。

 一方で、6月に開催したIRに関する市民説明会では反対の声が相次ぎ、山下ふ頭に関係する港運団体も反対を表明。合意形成の難航も予想される。

 市は山下ふ頭(約47ヘクタール)を立地候補地とし、9月の市議会定例会に、誘致関連費用として2億6000万円の補正予算案を提案する。また、誘致に向けて担当職員を増員する方針。

 IR実施法によると、立地を目指す都道府県や政令指定都市は公募によって事業者を選定した上で、国が定める基本方針に基づき、事業者と区域整備計画を共同で作成して国に認定申請をする。【田中義宏】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 前田、鈴木が東京五輪代表に内定 マラソン女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです