メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福利厚生「同性パートナー不適用は差別」 都職員らが措置要求

東京都庁=2019年3月、嶋野雅明撮影

 東京都が慶弔休暇や結婚祝い金などの職員向け福利厚生制度を適用しないのは不当な差別だとして、同性パートナーがいる都職員ら2人が19日、都人事委員会に改善を求める措置要求をした。

 2人は都立学校に勤める同性愛の男性教員と、体は女性だが、自身を特定の性別で自認していない外郭団体に出向中の職員。いずれも同性のパートナーと生計を同一にしている。

 来年の東京五輪・パラリンピックを控え、都は昨年10月、いかなる差別も禁じた「五輪憲章」の理念実現な…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです