メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾人の心に響いた日本統治下・嘉義農林の準優勝 甲子園に観光客殺到

1931年の夏の甲子園のトーナメント表。準優勝した嘉義農林の下が何度も指でさされて塗装がはがれている=兵庫県西宮市で2019年8月13日午後3時5分、井上元宏撮影

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)の甲子園歴史館が、台湾人観光客の定番スポットになっている。日本統治時代の1931年に夏の甲子園で準優勝した嘉義農林(現嘉義大学)を描いた映画が2014年に現地の台湾で大ヒット。以来、昨年までの台湾人観光客は計約9万人に達している。

 歴史館によると14年に嘉義農林を描いた映画「KANO」が公開されると、台湾からの…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  2. 宮崎で竜巻か「車が横転」「屋根飛んだ」 JRで停電、運転見合わせ

  3. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです