メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あおり運転、どうすればいいの? 窓・ドアは絶対、開けてはいけません

捜査員らに身柄を確保される宮崎文夫容疑者(中央)=大阪市で2019年8月18日午前、近隣住民提供の動画から

 車を運転中にあおり運転に遭遇した場合、どう対処すればいいのか。

 専修大の森武夫名誉教授(犯罪心理学)は「ドライバーは自動車という防御された空間の中にいる影響で気分が高揚し、大胆な行動を取ってしまうことは宮崎文夫容疑者に限らない」と指摘し「そういう意味では、運転していればあおり運転に遭遇する可能性は誰でもあり得る」と話す。

 被害に遭った場合の対応について、帝塚山大学長の蓮花(れんげ)一己教授(交通心理学)は「安全な場所に停車して警察を呼ぶことが大切だ。高速道路なら最寄りのサービスエリアに、一般道ならガソリンスタンドなど人のいる所に逃げ込み、警察に連絡してほしい」と話す。

 今回の事件では、被害者車両は宮崎容疑者の車両に割り込まれ、高速道路上で停車させられたが、蓮花教授は「高速道路での停車は非常に危険。止まるとしても、できるだけ路肩に寄せてすぐ警察を呼ぶべきだ。相手が何を言ってきても窓を開けたり、車外に出たりして応じてはいけない。相手にしないことが大切」と話す。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです