メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゾウに学ぶいのち、環境破壊の危険…「世界ゾウの日」上野動物園・多摩動物公園でイベント

 密猟や生息地の環境破壊などで絶滅が危惧されているゾウの現状や、東京都立動物園の保全の取り組みを知るイベントが「世界ゾウの日」(8月12日)前後に、台東区の上野動物園や日野市の多摩動物公園であった。来園者はゾウの魅力に触れ、保護の大切さを学んだ。

 多摩動物公園は12日、国内最高齢のアジアゾウの雄、アヌーラ(推定年齢66歳)を特別公開した。普段見られない雄姿に、来園者は「元気そうだね」と声を掛けていた。

 高齢のアヌーラは2年前、広い屋内飼育施設に移った。白内障だが壁にぶつからず、夜は安心して休んでいる…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文684文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. 「10連休」好調も前後で外出控え 五島は世界文化遺産登録で大幅増 県の4~6月の観光動向調査 /長崎

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです