メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

登山者上着にQRコード 遭難時の捜索容易に 近大チームが実用化目指す

QRコードがプリントされたシャツをまとい、至近距離からのレーザー照射を受ける前田佳伸教授=奈良市中町の近畿大・奈良キャンパスで2019年7月30日、大川泰弘撮影

 遭難者救助もQRコードで――。近畿大(東大阪市)の研究チームが登山者にQRコードをプリントした特殊な上着を着用してもらい、上空から探しやすくするシステムの開発を進めている。既に約300メートル離れた位置のQRコードの読み取りに成功し、近い将来の実用化を目指す。

 使用するQRコードは1辺約11センチ。照射された方向に光をはね返す「再帰性反射」の素材でプリントする。車のライトで光る道路標識などと原理は同じで、強力なレーザーサーチライトを当てて読み取る…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです