メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

登山者上着にQRコード 遭難時の捜索容易に 近大チームが実用化目指す

QRコードがプリントされたシャツをまとい、至近距離からのレーザー照射を受ける前田佳伸教授=奈良市中町の近畿大・奈良キャンパスで2019年7月30日、大川泰弘撮影

 遭難者救助もQRコードで――。近畿大(東大阪市)の研究チームが登山者にQRコードをプリントした特殊な上着を着用してもらい、上空から探しやすくするシステムの開発を進めている。既に約300メートル離れた位置のQRコードの読み取りに成功し、近い将来の実用化を目指す。

 使用するQRコードは1辺約11センチ。照射された方向に光をはね返す「再帰性反射」の素材でプリントする。車のライトで光る道路標識などと原理は同じで、強力なレーザーサーチライトを当てて読み取る…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです