登山者上着にQRコード 遭難時の捜索容易に 近大チームが実用化目指す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
QRコードがプリントされたシャツをまとい、至近距離からのレーザー照射を受ける前田佳伸教授=奈良市中町の近畿大・奈良キャンパスで2019年7月30日、大川泰弘撮影
QRコードがプリントされたシャツをまとい、至近距離からのレーザー照射を受ける前田佳伸教授=奈良市中町の近畿大・奈良キャンパスで2019年7月30日、大川泰弘撮影

 遭難者救助もQRコードで――。近畿大(東大阪市)の研究チームが登山者にQRコードをプリントした特殊な上着を着用してもらい、上空から探しやすくするシステムの開発を進めている。既に約300メートル離れた位置のQRコードの読み取りに成功し、近い将来の実用化を目指す。

 使用するQRコードは1辺約11センチ。照射された方向に光をはね返す「再帰性反射」の素材でプリントする。車のライトで光る道路標識などと原理は同じで、強力なレーザーサーチライトを当てて読み取る…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

あわせて読みたい

注目の特集