メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

現在の阪神甲子園球場。ツタに覆われている壁面は、全体の半分程度だ=兵庫県西宮市で2019年8月11日午後4時43分、岡村崇撮影

 8月1日に開設95周年を迎えた阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)の外壁を覆う名物のツタは、改修工事に伴い一時撤去され、2009年の再植栽後、10年が経過した今も「復活」していない。管理する阪神園芸(同市)によると、植栽スペースが減ったことなどで、生育が遅れているという。担当者は「現在は全体の半分程度で、全体を覆うのはさらに10年以上かかる」と説明。深い緑に覆われた姿の再現にはまだ時間がかかりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文728文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです