イチゴ出荷始まる 福島・大熊町の植物工場 避難指示一部解除で復興策

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新しい施設で栽培され、出荷が始まったイチゴ=福島県大熊町で2019年8月19日午後3時28分、和田大典撮影
新しい施設で栽培され、出荷が始まったイチゴ=福島県大熊町で2019年8月19日午後3時28分、和田大典撮影

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が今年4月に一部解除された福島県大熊町で、帰還住民の雇用と農業再生のために整備された植物工場から、イチゴの出荷が始まった。19日に作業が関係者に公開された。

 工場は同町大川原地区にあり、町が100%出資する運営会社「ネクサスファームおおくま」が4月、イチゴ生産を始めた。ビニールハウスと選果、…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

あわせて読みたい

注目の特集