メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

軍の統制できず「反省」 象徴天皇徐々に受け入れ 昭和天皇揺れる思い

昭和天皇

 初代宮内庁長官の田島道治が終戦後に昭和天皇とのやり取りを詳細に記していた「拝謁記」と題されたノートや手帳には、揺れ動く昭和天皇の思いが書き込まれていた。資料の正確性は今後の検証に委ねられるものの、その内容からは昭和天皇の戦争への率直な思いや、新憲法で規定された象徴天皇のあり方を模索する姿が浮き彫りになった。【栗原俊雄、野口武則、山田奈緒】

この記事は有料記事です。

残り2909文字(全文3080文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです