メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和天皇人間性活写 正史とかい離 宮内庁「検証難しい」 「拝謁記」

初代宮内庁長官を務めた田島道治の手帳に記された「拝謁記」の文字=東京都渋谷区で2019年8月19日、梅村直承撮影

 初代宮内庁長官を務めた田島道治が昭和天皇とのやり取りを残した「拝謁記」。明らかになった「肉声」に、研究者らからは「対話形式で発言が再現されている」と驚きの声が上がる一方、公的記録である「昭和天皇実録」を編さんした宮内庁の幹部は「検証が難しい」と冷静な受け止めを求めた。

「正史」では退位の意向なかったと記述

 宮内庁が2014年9月に公開した「正史」ともいえる実録では、昭和天皇は敗戦後の退位問題について、1946年3月6日に木下道雄侍従次長に「現状ではその御意志のない旨をお伝えになり」と記すなど同年以降、一貫して退位の意向はなかったとの記述になっていた。しかし「拝謁記」では、昭和天皇が連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサー司令官に退位しない意向を伝えたとされる48年以降も繰り返し言及されていた。

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです