メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

米カジノ、日本照準 未開拓「観光立国」に魅力 ギャンブル依存症、拭えぬ懸念

カジノが集まる米西部ネバダ州ラスベガス中心部=共同

 カジノ解禁を含む統合型リゾート(IR)実施法が成立して1年余り。日本でカジノを開業しようと、本場米国のカジノ大手が売り込みを加速させている。日本では経済効果や雇用創出への期待が大きい一方、ギャンブル依存症増加への懸念も根強い。

 「東京や大阪、横浜といった大都市に進出したい」「最大1万6000人を雇用する」。ウィン・リゾーツ日本法人のゴードン社長は7月24日、米東部ボストン近郊で日本メディア向けの説明会を開き、日本進出に意欲を示した。

 説明会の会場は6月に開業したIR「アンコール・ボストンハーバー」。治安悪化を心配する地元の声に応え…

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1055文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです