メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

ソウル・光化門広場のロウソク集会は「NOアベ!」のプラカードだらけだった=15日

 かつてなく日韓関係が冷え込む中、猛暑の韓国・ソウルを歩いた。「反日」一色かと思いきや、どうもそうではない。そこは熱気と不安が入り交じった不思議な「劇場都市」だった。【鈴木琢磨】

 この光景、この高揚感、既視感がある。日本の植民地支配からの解放を祝う「光復節」の15日夜、ソウル中心部にある光化門(クァンファムン)広場を埋め尽くす市民がロウソクを握り、声を限りに叫んでいる。中高生もいれば、子連れママもいる。ステージから大音響でノリのいい歌が流れ、無数の光がきらめき揺れる。そう、2017年、文在寅(ムンジェイン)大統領が誕生したあの夜と同じ。いや、違う。規模は10分の1くらいだし、プラカードに「NOアベ!」とプリントされている。輸出規制の強化に乗り出した安倍晋三政権をターゲットにしているのだ。

 だが、悲壮感なし。真夏の音楽フェスの趣だ。腰をくねらせ踊っている若者がいる。「1919年の3・1独…

この記事は有料記事です。

残り2656文字(全文3054文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. 「10連休」好調も前後で外出控え 五島は世界文化遺産登録で大幅増 県の4~6月の観光動向調査 /長崎

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです