連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ソウル・光化門広場のロウソク集会は「NOアベ!」のプラカードだらけだった=15日
ソウル・光化門広場のロウソク集会は「NOアベ!」のプラカードだらけだった=15日

 かつてなく日韓関係が冷え込む中、猛暑の韓国・ソウルを歩いた。「反日」一色かと思いきや、どうもそうではない。そこは熱気と不安が入り交じった不思議な「劇場都市」だった。【鈴木琢磨】

 この光景、この高揚感、既視感がある。日本の植民地支配からの解放を祝う「光復節」の15日夜、ソウル中心部にある光化門(クァンファムン)広場を埋め尽くす市民がロウソクを握り、声を限りに叫んでいる。中高生もいれば、子連れママもいる。ステージから大音響でノリのいい歌が流れ、無数の光がきらめき揺れる。そう、2017年、文在寅(ムンジェイン)大統領が誕生したあの夜と同じ。いや、違う。規模は10分の1くらいだし、プラカードに「NOアベ!」とプリントされている。輸出規制の強化に乗り出した安倍晋三政権をターゲットにしているのだ。

 だが、悲壮感なし。真夏の音楽フェスの趣だ。腰をくねらせ踊っている若者がいる。「1919年の3・1独立運動には参加できなかったけれど、これからは僕らが独立運動をやらなきゃ」。どんな? 「うーん、不買運動かな」。見れば、すぐ近くのビルに3・1運動のヒロイン、柳寛順(ユグァンスン)の巨大な絵が。<ここがわが民族の幸せな地になりますように>。その願いは100年たってなおかなっていないということか? この…

この記事は有料記事です。

残り2506文字(全文3054文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集