メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

歌手 五木ひろし/3 「よこはま・たそがれ」

1973年には「夜空」で第15回日本レコード大賞に輝いた=「毎日グラフ」より

 「精も根も尽き果て、これからどうなるか、何も考えられませんでした」。歌手人生をかけ、全日本歌謡選手権を10週勝ち抜き優勝した22歳は、3日間寝込んでしまったという。が、実は知らないところで着々と新たな舞台が準備されつつあった。

 第2週のゲスト審査員、山口洋子は番組収録先の大阪から帰京すると、早速、作曲家の平尾昌晃のもとに電話を入れた。「三谷謙って歌手知ってる?」。選手権出場当時の芸名を挙げて尋ねた。「第1週に僕も聞いたよ」との返事。「私、あの子を何とかしたいんだけど」。東京・銀座のクラブ「姫」のママのかたわら、作詞家としてキャリアを始めた山口。熱唱姿が強烈に印象に残った若者の背中を押すと同時に、ロカビリーで名をはせた平尾と一度仕事をしたかった。あっという間に話…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです