メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

歌手 五木ひろし/3 「よこはま・たそがれ」

1973年には「夜空」で第15回日本レコード大賞に輝いた=「毎日グラフ」より

 「精も根も尽き果て、これからどうなるか、何も考えられませんでした」。歌手人生をかけ、全日本歌謡選手権を10週勝ち抜き優勝した22歳は、3日間寝込んでしまったという。が、実は知らないところで着々と新たな舞台が準備されつつあった。

 第2週のゲスト審査員、山口洋子は番組収録先の大阪から帰京すると、早速、作曲家の平尾昌晃のもとに電話を入れた。「三谷謙って歌手知ってる?」。選手権出場当時の芸名を挙げて尋ねた。「第1週に僕も聞いたよ」との返事。「私、あの子を何とかしたいんだけど」。東京・銀座のクラブ「姫」のママのかたわら、作詞家としてキャリアを始めた山口。熱唱姿が強烈に印象に残った若者の背中を押すと同時に、ロカビリーで名をはせた平尾と一度仕事をしたかった。あっという間に話…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文838文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです